旭川

2021年6月4日(金)・5日(土)

当イベントは終了いたしました。ご来場頂き誠にありがとうございました。
最新のNewEducationExpoの情報はこちらをご覧ください。

対象
  • 小・中・高
テーマ
  • 教育の情報化
  • 教育改革
  • 人材育成
  • 教育データ活用
フリーワード
  • あああ
  • いいい
  • ううう

検索結果0

推奨環境・ブラウザについてはこちらをご確認ください。

A01

6/4(金) 10:00~11:40

教育の情報化政策の今後の方向性

  • 文部科学省 初等中等教育局 情報教育・外国語教育課 情報教育振興室 室長水間 玲氏
  • 経済産業省 商務・サービスグループ
    サービス政策課 総括補佐(併)教育産業室総括補佐
    小倉 直子氏

GIGAスクールの進展により、1人1台端末の整備や無線ネットワークの敷設等、学校現場のICT環境が大きく変化しています。また、新型コロナウイルス対策としてのICT活用等、その重要性はますます増加しています。この大きな変化の中、国が示す今後の教育情報化の方向性とは。文部科学省、経済産業省それぞれのご担当者から今後の展望をお示しいただきます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育の情報化

閉じる

close

A02

6/4(金) 13:00~14:30

基調講演

これからの時代を生きる子供たちに必要な力
~高度情報化社会、グローバル社会の中で~

  • 国立教育政策研究所所長浅田 和伸氏

高度情報化、グローバルと急激に変化していく社会の中、教育が果たす役割はますます重要になっています。これからの時代を生きる子供たちはどのような力が必要なのか。教育政策に関する調査研究を担っている国立教育政策研究所の浅田所長からお話いただきます。

田中 愛治 氏
対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育改革

閉じる

close

A03

6/4(金) 15:40~17:20

GIGAスクール構想での 「個別最適な学び」を後押しする国際技術標準

  • (一社)日本IMS協会理事長白井 克彦氏
  • 文部科学省 大臣官房 文部科学戦略官/総合教育政策局 教育DX推進室長桐生 崇氏
  • 鳴門教育大学 大学院教授藤村 裕一氏
  • (一社)日本IMS協会理事/放送大学教授山田 恒夫氏
  • (株)デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所シニア・フェロー秦 隆博氏
  • (一社)日本IMS協会 LTI部会主査/(株)内田洋行畠田 浩史氏

システムやアプリケーションの相互運用を実現するIMS Globalの技術標準は、個々のシステム等に大きな手を加えることなく、学習プラットフォームの構築を可能とします。それは「個別最適な学び」にどのような役割を果たすのでしょうか。GIGAスクール構想の実現にとって重要な「教育データ活用」をキーとして、政策面・技術面から取組をお話いただきます。

対象
  • 全ての教育関係者向け
テーマ
  • 教育データ活用

閉じる

close

A04

6/5(土) 10:00~11:40

1人1台におけるICT活用
~GIGAスクール構想を経て~

  • 藤沢市教育委員会 教育総務課主査大高 正広氏
  • 藤沢市教育委員会 教育総務課指導主事小林 隆氏
  • 川口市教育委員会 学校教育部 指導課 指導係 指導主事村越 崇氏
  • 川口市教育委員会 学校教育部 庶務課 学校情報システム担当 主任西袋 宏成氏
  • 【コーディネータ】
    園田学園女子大学 人間教育学部 教授
    堀田 博史氏

「GIGAスクール構想」によって1人1台端末が整備され、今後はそれをどのように「活用」するかという段階に移ります。長年、教育ICT分野の研究に携わり、文部科学省ICT活用教育アドバイザーも務める園田学園女子大学・堀田先生コーディネートのもと、自治体での取組についてお話しいただきます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育の情報化

閉じる

close

A05

6/5(土) 13:00~14:30

リアルセミナー

Society 5.0により実現する未来技術をリード!北海道から全国へ
旭川高専の新たな時代の人材育成

  • 旭川工業高等専門学校准教授 笹岡 久行氏

大学と並ぶ高等教育機関として存在感を放つ高専。旭川高専は日本の未来技術をリードする『高専発!「Society 5.0型未来技術人財」育成事業』のAI・数理データサイエンス分野実践校に採択されました。また、今年度から開始された文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」の申請も行っています。今回は本分野における教育の取組みをご紹介します。

田中 愛治 氏
対象
  • 全ての教育関係者向け
テーマ
  • 人材育成

閉じる

close

A06

6/5(土) 16:00~17:00

北海道オリジナルセミナー

「1人1台タブレット」授業での活用を考える

  • 札幌市立発寒南小学校教頭/文部科学省ICT活用教育アドバイザー朝倉 一民氏

GIGAスクール構想で整備された1人1台タブレット。どう授業で活用していくのかが喫緊の課題となっている今、「結局使わない」ことがないように授業で活用するにはどうしたらよいか? 1人1台タブレット活用をスタートした屯田北小学校でのプロジェクト型学習への取り組みを始め、情報活用能力の育成を総合的な学習の時間や他教科との連携に位置付けて様々なプロジェクト型学習に取り組んでこられた多くの実践事例をご紹介いただくとともに、現在の発寒南小学校でのGIGAスクール一人一台タブレットの授業での活用の実践や課題についてお話しいただきます。

田中 愛治 氏
対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育の情報化

閉じる

close

会場情報

会期
2021年6月4日(金)・5日(土)
開場:9:30 閉場:17:00
会場
旭川工業高等専門学校 次世代教育演習室
北海道旭川市春光台2条2丁目1ー6 東京会場マップ
・道央自動車道 旭川鷹栖 I.C▶旭川高専(約4km)・自動車で約10分
主催
New Education Expo 実行委員会
後援
文部科学省、総務省、経済産業省、国立教育政策研究所、国立研究開発法人 科学技術振興機構、北海道教育委員会、旭川市教育委員会、旭川工業高等専門学校、一般財団法人 日本視聴覚教育協会、一般財団法人 全国地域情報化推進協会、一般社団法人 日本教育情報化振興会、一般社団法人 日本教材備品協会、一般社団法人 文教施設協会、一般社団法人 大学ICT推進協議会、一般社団法人 ICT CONNECT 21、一般社団法人 日本IMS協会、一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会、一般社団法人 日本教育工学会、日本教育工学協会
特別協賛
株式会社内田洋行、富士通株式会社、インテル株式会社、日本マイクロソフト株式会社
協賛
教育関連企業 約80社
協力
教育ウチダ会、学びの場.com