New Education Expo(NEE)とは?

New Education Expo(NEE)は、教育関係者向けのセミナー&展示会のイベントです。
1995年に始まったNew Education Expoは、これまで多くの教育関係者の皆様のお力添えを頂きながら、
毎年開催し続けることができ、2019年で24回目を迎えます。
これからも、すべての教育関係者の皆様と共に、教育の明日を共に考えてまいります。

セミナー数70超!注目のテーマから現場の実践事例の紹介まで 豪華講師陣による熱い講演

教育業界で活躍されている方々を学術機関、教育現場、官公庁、産業界から講師にお招きし、注目のテーマに関して、わかりやすく熱く、ご紹介いただきます。
2018年は次期学習指導要領や高大接続、ICT活用といった、目が離せないセミナーが多数開催されました。

過去の開催セミナーについて見る

あの有名校の公開授業が生で見られる!

毎年、国内の授業研究を牽引する学校をお招きし、会場で公開授業を開催しています。
その後の振り返りもオープンに講評されますので、授業内容をより深く知ることができます。
2018年は、東京会場は筑波大学附属小学校、大阪会場は大阪教育大学附属池田小学校の公開授業が行われました。

最新の教育向け商品・教材を多数展示

初等中等向けのデジタル教科書や教材、高校教育向けのセキュリティシステムやE-ラーニングシステムまで、NEEには、教育向けの商品の展示が集結します。
セミナーとセミナーの間にめぐることができる、コンパクトな規模も魅力です。

  • ICT機器

    電子黒板や実物投影機などのすぐに授業に導入できる手軽なものから、タブレット端末の活用を促進するコンテンツや無線LANソリューションまで、学校で使うためのICT機器が充実しています。

  • プログラミング教育教材

    次期学習指導要領で必修化される「プログラミング」。ロボットを活用したものから、コンピューターを使わずにプログラミング的思考を学習できるものまで、様々な教材がそろいました。

  • 教材教具・特別支援教育教材

    理科や算数といった教科教材や教具が手にとって見ることができるのもNEEの特徴です。普通教室や通級教室での利用も増えている、特別支援教育教材も毎年展示されています。

2018年の出展一覧

未来の教室が会場内に登場!実際に授業を体験できます

最先端の技術を満載した「未来の教室 フューチャークラスルーム」が、会場内に登場します。
NEE2018では、IoTや遠隔会議システム、タブレット端末を活用したアクティブ・ラーニングの授業を体験いただきました。
楽しくて明日から使えるヒントがいっぱいのフューチャークラスルームをどうぞお見逃しなく。

NEW EDUCATION EXPO 2018 の実績

会場 会期 ご来場者数
東京会場

2018/6/7(木)・8(金)・9(土)

7,500

大阪会場

2018/6/15(金)・16(土)

5,500

サテライト会場(各会場合計)  

1,520

多くのメディアでご紹介いただきました

2018年実績

  • テレビ東京WBS
  • NHK札幌ニュース
  • NHK大阪ニュース
  • 産経新聞SankeiBIZ
  • 電波新聞
  • フジサンケイビジネスアイ
  • 日経クロステック
  • リセマム
  • 電波タイムズ
  • FM北海道
  • STVラジオ
  • 北海道通信
  • 朝日新聞
  • 大阪日日新聞
  • (順不同)

ほか多数

最新情報をお届け

セミナーの申し込み開始のお知らせや、イベントの最新情報をご案内いたします。

メールマガジン登録はこちら