福岡

6月2日(木)・3日(金)・4日(土)

当イベントは終了いたしました。ご来場頂き誠にありがとうございました。
最新のNewEducationExpoの情報はこちらをご覧ください。

対象
  • 小・中・高
テーマ
  • 教育改革
  • ガバナンス改革
  • 教育の情報化
  • 教育データ活用
  • ネットワーク
  • デジタル教科書
フリーワード
  • あああ
  • いいい
  • ううう

検索結果0

推奨環境・ブラウザについてはこちらをご確認ください。

F01

6/2(木) 10:00~11:30

基調講演

これからの「学び」の在り方
~昨今の教育改革を踏まえ~

  • 日本学術振興会顧問/東京財団政策研究所所長安西 祐一郎氏

1人1台のタブレット環境の整備等、教育現場をめぐる状況は急速に変化しています。学びが多様化する中、このような時代に日本の教育の在り方をどう考えるか。昨今の教育改革の流れも踏まえ、中央教育審議会会長等、教育改革全般にた携われた安西先生から、お話をいただきます。

対象
  • 全ての教育関係者向け
テーマ
  • 教育改革

閉じる

close

F02

6/2(木) 13:00~14:40

特別セッション

【全国ICT教育首長サミット】
ポストGIGAスクールを考える
~自治体トップの立場から~

  • 文部科学省 初等中等教育局 学校デジタル化プロジェクト チームリーダー板倉 寛氏
  • 全国ICT教育首長協議会会長/多久市長横尾 俊彦氏
  • 全国ICT教育首長協議会理事、加盟自治体首長

GIGAスクールの進展に伴い、小中学校すべての児童生徒に1人1台端末が導入されました。ただ、導入することが目的ではなく、それを教育にどのように効果的に活用するかが重要です。ICT教育を推進する自治体の首長で構成された団体である全国ICT教育首長協議会。今回は、【全国ICT教育首長サミット】として、自治体トップの方々にご登壇いただき、ポストGIGAスクールの在り方を討議いただきます

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育の情報化

閉じる

close

F03

6/2(木) 15:40~17:20

特別セッション

学校法人ガバナンス改革を事例から考える
~「誰が」、「誰から」学校法人を守るのか~

  • ジャーナリスト
    東京財団政策研究所 研究主幹/上智大学 特任教授
    松本 美奈氏
  • 中央大学法科大学院教授/森・濱田松本法律事務所客員弁護士野村 修也氏

昨今の報道でも散見される通り、学校法人のガバナンスの在り方については、社会的な課題にもなっています。文部科学省の学校法人ガバナンス会議委員として、抜本的改革案を提言された識者をお招きし、事例をもとに今後の学校法人ガバナンスのあり方についてお話しいただきます。

対象
  • 全ての教育関係者向け
テーマ
  • ガバナンス改革

閉じる

close

F04

6/3(金) 10:00~11:40

教育DXに向けた政策動向

  • 文部科学省 初等中等教育局 学校デジタル化プロジェクト チームリーダー板倉 寛氏
  • 文部科学省 総合教育政策局調査企画課長/教育DX推進室長桐生 崇氏
  • デジタル庁参事官吉田 宏平氏
  • デジタル庁デジタルエデュケーション統括中室 牧子氏
  • 経済産業省 商務・サービスグループ 教育産業室 総括補佐小倉 直子氏

GIGAスクールの進展に伴い大きく変化した学校教育環境。今後この情報化の流れをどう紡いでいくのか。教育DXに向けた政策動向について、各省の立場からお話をいただきます

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育の情報化

閉じる

close

F05

6/3(金) 13:00~14:40

GIGAスクールにおけるネットワーク環境を考える
~自治体の導入事例を通じ~

  • 元鴻巣市教育部 教育総務課主任新井 亮裕氏
  • 藤沢市教育委員会 教育総務課主任田島 正教氏
  • 藤沢市教育委員会 教育総務課指導主事小林 隆氏
  • 姫路市総合教育センター管理指導主事坂田 怜輝氏
  • (株)内田洋行 ネットワークサポートセンター永山 達也氏

GIGAスクール構想が大きく進展する中、文部科学省「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」の改訂もあり、端末を最大限活用できるネットワーク環境構成が求められています。教育ICT基盤のフルクラウド化を実現した鴻巣市、ローカルブレイクアウト方式を採用した藤沢市、ネットワーク帯域確保のため、デジタルコンテンツ用のキャッシュボックスを設置した姫路市にご登壇いただき、それぞれの事例からこれからのネットワーク環境について考えます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • ネットワーク

閉じる

close

F06

6/3(金) 15:40~17:10

基調講演

この国の教育に今必要なこと
~教育改革の現状を踏まえ~

  • 東京大学教授/慶應義塾大学教授鈴木 寛氏

大学入試改革や教師改革、GIGAスクールの進展等、様々な改革が急ピッチで進められています。改めてその改革の現在地を確認するとともに、今後のわが国の教育に必要な要素とは。政治家、教育者等様々な多立場から教育分野に携わってきた鈴木氏に骨太にお話しいただきます。

対象
  • 全ての教育関係者向け
テーマ
  • 教育改革

閉じる

close

F07

6/4(土) 10:00~11:40

小中学校における授業改善のための学習ログ活用の試み

  • 東北大学大学院 情報科学研究科教授/東京学芸大学大学院 教育学研究科教授堀田 龍也氏
  • 中村学園大学 教育学部教授山本 朋弘氏
  • 宮城教育大学 教育学部講師板垣 翔大氏
  • 東北大学客員研究員佐藤 靖泰氏
  • 内田洋行教育総合研究所

1人1台端末の活用により,学習ログ(学習に関する行動の記録)を授業設計に活かす動きが進んでいます。児童生徒がPDF教材にマーカーを引くというシンプルな学習活動から得られた様々なログをもとに、教員がどのように授業を展開・改善していくのか、学習ログの記録・分析ツール(LEAFシステム)を用いた初等中等教育の授業事例を紹介し、これからの授業設計や授業改善・学習改善について考えます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育データ活用

残席わずか

閉じる

close

F08

6/4(土) 13:00~14:40

学習者用デジタル教科書の今後
~GIGAスクール構想の進展を踏まえ~

  • 文部科学省 初等中等教育局 教科書課課長安井 順一郎氏
  • 東京学芸大学附属小金井小学校鈴木 秀樹氏
  • 【コーディネータ】
    放送大学教授
    中川 一史氏

令和6年度の本格導入が見込まれる学習者用デジタル教科書。今年度からは、全国の小中学校において一部の教科で導入が本格化しています。GIGAスクール構想の進展を踏まえ、デジタル教科書は今後、どのように発展するのか。実証研究に携わる有識者をコーディネータに迎え、文部科学省、実践校それぞれの立場からお話いただきます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • デジタル教科書

残席わずか

閉じる

close

F09

6/4(土) 15:40~16:50

特別講演

今後の公教育の未来について~広島県の「学びの変革」の取り組みから~

  • 広島県教育委員会教育長平川 理恵氏

「主体的な学び」を促す教育活動(=「学びの変革」) を全国に先駆け実践する広島県。令和3年2月に作成された「教育に関する大綱」にも様々な改革が挙げられています。教育長ご自身から広島県の取組をご紹介いただき、それを通じて今後の公教育の未来を考えます。

対象
  • 小・中・高初等中等教育機関向け
テーマ
  • 教育改革

残席わずか

閉じる

close

会場情報

会期
6月2日(木)・3日(金)・4日(土)
開場:9:30 閉場:18:00
会場
株式会社内田洋行 九州支店
福岡県福岡市中央区大名2-9-27 赤坂センタービル2F 東京会場マップ
※駐車場がありませんので、お車でのお越しはご遠慮ください。
主催
New Education Expo 実行委員会
後援

文部科学省 

総務省※ 

経済産業省※ 

国立教育政策研究所 

国立研究開発法人 科学技術振興機構 

全国ICT教育首長協議会 

一般財団法人 日本視聴覚教育協会 

一般財団法人 全国地域情報化推進協会

 

一般社団法人 日本教育情報化振興会 

一般社団法人 日本教材備品協会 

一般社団法人 文教施設協会 

一般社団法人 大学ICT推進協議会※ 

一般社団法人 ICT CONNECT 21 

一般社団法人 日本IMS協会 

一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会※ 

一般社団法人 日本教育工学会※ 

日本教育工学協会


※申請中
特別協賛

株式会社内田洋行 

富士通株式会社 

インテル株式会社 

日本マイクロソフト株式会社

協賛
協力
教育ウチダ会、学びの場.com